上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.20
自分メモ
忘れないように・・・

・苛性ソーダと水を合わせて高温になったときに出る湯気には苛性ソーダが含まれているので厳密にはけん化率が変わってきてしまう。蒸気を吸い込むことで最悪肺水腫になることも。
・熟成中石けんの保管には木箱は不向き?木が乾燥してるときは湿気を吸うが、ジメジメ続きのときはそうでもない。湿気の多い日はエアコンや除湿機で部屋の除湿を。そうでない日は1日1度は部屋の喚起を。石けんはなるべく空気に触れるように。予め水分少なめで作るといいかも。
石けんを個別にラッピングして保管・・はかえって石けんの乾燥を妨げるのでは?
密閉容器に入れた場合蒸発した水分をまたグリセリンが引き寄せて最悪溶けてしまうかも。
・ハチミツは退色防止効果は期待できない?
カロチーノ石けんなどはハチミツを入れたときの茶色とあいまって退色しにくいように見えているだけかも?グリーンの石けんなど・・ハチミツを入れるとそれだけで茶色くなってしまうのでキレイな色にはならない。
・インディゴで着色してグリーンになるらしい。退色しにくいらしい。
・オイルの計り忘れ防止のために予めボールの重量を把握しておく(笑
←言われてみると当たり前なんだけどやってなかった(;・∀・)
・トレースを早めたいならパーム多め
水分後入れは成分的には問題ない。(苛性ソーダがきちんと溶けていれば)
ただ人工的にけん化を早めていることになるのでけん化の暴走が起きて保温中に分離しないとも限らない。
・レイヤー石けんを数日に分けて作った場合、上面にソーダ灰がつくとくっつかない。
・藍の使用量は500~600gバッチに対して耳掻き3杯分くらい。
ええっとええっと・・他に忘れてることはないか・・・。
とりあえず非常に勉強になった1日でした。
詳細はのちほどー。
スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
→http://nekonoodeko55.blog76.fc2.com/tb.php/195-c61f14ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。